畳の向きの意味

こんにちは、和室に敷いてある畳の向きが違うのはなぜなのか?

と思いますよね

一般的に6畳のお部屋ならこんなレイアウトです

6畳の祝儀敷き

この敷き方は平常の畳の合わせ目が十文字にならないよう敷いてあリます。

逆に言うと

『畳の合わせ目は十字に敷いてはいけない』

なぜ?

畳のレイアウトには、祝儀敷きと不祝儀敷きがあるからです

祝儀敷きとは日常・祝い事などに敷くレイアウトで

不祝儀敷は、葬儀に敷くなど日常とは違うレイアウトです

6畳不祝儀敷き

これは生と死の厳然と区別したいという考えからきています。

なので畳の敷いてある向きには意味があるんですね

 

でも琉球畳の敷き方は十文字になってるよ

モダン琉球畳

と思いますがこれは昔からあるものではなく近年に出来たレイアウトで

インテリアの一部分としての考えなので昔からある祝儀敷きや不祝儀敷き

というものではないと僕は思ってます。

ちなみに6畳以外の敷き方は こちら