畳床に頭板を縫い付ける

畳をバラした時畳床に頭板が付いていましたので今回の修復でも頭板を縫い付けたいと思います
畳床の修復

檜に板で今回は2枚使います
この板は厚みが違うのが特徴の特別性です
畳床の修復

枠の大きさを測りその長さに切ります
畳床の修復畳床の修復畳床の修復

板に勾配を付けるためにカンナで削ります
畳床の修復畳床の修復畳床の修復

この板を畳床に縫い付けるため板に穴をあけます。
2枚を重ねてキリを使って板を割らないように慎重に穴をあけていきます。
畳床の修復

畳床に縫い付けていきます
畳床の修復畳床の修復

縫い終わったら床を裏返して金づちてたたきながら糸を締めていきます
この時に締め過ぎると畳が薄くなったりするのでちゅういが必要ですね
畳床の修復

枠に綺麗に納めることができましたね。
畳床の修復畳床の修復

畳の角が弱く補強することにより枠との段差や凹みが気にならなくなりますね

畳に木の板を縫い付けることはあります
畳屋さんもカンナやキリやノコギリなど大工さんの道具も使うことがあるんです