日本の文化【畳】はとても歴史があります

畳が出てくる一番古い書物は【古事記】なんですね

上巻の火遠理命(ほのりのみこと)の条でこう書いてあります

海驢の皮の畳八重を敷き亦絁畳八畳をその上に敷きその上に坐せて

と記されてます。ちなみに【海驢の皮】はアシカの皮で【絁畳】は絹織布の敷物だそうです

また中巻の神武天皇の条にはこう書いてあります

葦原の しけしき小屋に 菅畳 いや清敷きて 我が二人寝し
あしはらの しけしきおやに すがたたみ いやさやしきて わがふたりねし

と記されています。

この内容はちょっと♡な想像をしてしまうのは僕だけでしょうか?

古事記