平安時代の書物に・・

981年の深根輔樋仁の『本草和名』これな日本最古の植物辞典にも

藺草は薬草としての記載があるそうです

しかも本の中の『本草外薬七十種』というところに藺草は燈心草(トウシンソウ)

って記載されてます

また983年の丹波康頼の日本最古の医書と呼ばれている『医心方』

にも藺草の薬草としての記載があるそうです

このことから藺草は昔から薬草としていました。

薬草

薬草としての効果

『和漢三才図会』には「イグサを細かく摩り下ろして

燈心部分だけを取り出して、これを煎じて飲むことにより

感染による炎症を抑え水腫れの効果がある」とか

「焼いて灰にした物を飲用する事で喉の疾患を和らげる」

と記載されているそうです。

こどもの夜泣きにも効果あり!?

夜泣き

マジで!と驚きの事なんですが

1886年の村井純の『和方一万方』という書物に

『小児の夜泣きには、藺草を黒焼きにして細末にして、

これを乳首に塗って小児に無理やり飲ませると効果がある』

と記載されているそうです

かなりワイルドな方法ですね