三重県桑名市にある畳専門店のサイトです。一般的な畳から神社仏閣の畳まで扱ってい畳の事がからないことも解りやすく説明しているサイトで畳の雑貨などの通信販売も行なっています。

畳の大きさ

畳の大きさ

京間・中京間・江戸間

畳の大きさ 畳の大きさには、地域によって大きさが色々とあります

江戸間

中京間

京間

などがあり家々によって異なります
ご自分のお部屋が〇〇間なのか
調べておくといいと思います

江戸間と柱割り

長さが5尺8寸(1m76㎝)で幅が2尺9寸(88cm)柱割りです

柱割りとは
お部屋の柱の芯から柱の芯までの距離を6尺の長さですので
柱の大きさから差し引いたのが5尺8寸になり
江戸間の畳の長さになります

柱割り 江戸間

京間・中京間と畳割り

京間 中京間

畳割とは

畳割りは柱割りと違い畳の大きさに合わせて柱を立てるなどして
建物が出来ています

京都の桂離宮などは畳割りで建てられているとされてます。

※現代では家の建て方の違いで、畳の大きさを基準とする畳割りから柱真(柱の中心のこと)間の距離を
基準とする柱割りを基準とする建て方が主流となっています

柱割りは大工による作業の能率が高くまた、畳を基準に設計を進めて大小さまざまな
畳を部屋を並べていくと、柱真の筋が合わなくなるという
問題が生じる可能性がある。したがって、
柱割りの方がより現代的な家の建て方で京間でも中京までも柱割りで家が建てられています

豊臣秀吉

ちなみに

豊臣秀吉が1582年(天正9年)から全国の山林を除く
田畑の測量及び収穫量調査をしてるんです、
この調査を太閤検地といいますが、
この太閤検地の時に田畑の1辺の長さの単位である
(丁)があり1丁=60間で1間=6尺3寸が当時の長さだったんですよ
なので京間の畳の長さは6尺3寸が基準なってます
その後
江戸時代に入りまた検地が行われて6尺3寸から
6尺に縮められたそうです
それが中京間だと言われています

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0594-22-5291 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 畳専門店の伊藤たたみ店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.