畳縁の種類

畳縁の種類

畳縁とは

畳の両端に縫い付けられた布のことで畳の角の磨耗を防いだり
和室の雰囲気を引き立てる役割ももっていて
幾何学模様や可愛い柄の縁があり日本には数百種類あるといわれてます。

最近ではポリエステル・ポリプロピレン等で織った化学繊維の畳縁が最近の主流になっています。
色々な色を使って菱・亀甲・花柄や幾何学模様などお洒落で可愛い模様の縁を折ることができ
日本には数百種類あるといわれお部屋にあった装飾をすることができます。
また化学繊維なので耐久性がありで安価ですね。

綿糸で織ってある縁は昔からあります。質感では綿の縁の方が、化学繊維より勝ってると思います。
黑か茶色(小豆色に近い色)がほとんどで柄がなく無地がほとんどで糸をロウ加工し、艶付け加工し織られています
高級感や品格があり畳が締まりますね。茶室や座敷によく使われます

畳縁の種類

伊藤たたみ店畳店では沢山の縁を扱っていますその一部を紹介します
※色が多少異なることがあります
※税込み価格

アラベスク540

詳細

HANA香織600

詳細

白馬5

詳細

白馬4

詳細

畳縁 王華 美吉野 No3

詳細

HANA香織No6

詳細 
動画

ユートピアdream No1330

詳細

純綿 黑

綿でできた黒の無地の縁
お部屋に品格をもたらします
座敷・茶室などに使用
1畳 2,750円

畳に関するお問い合わせは当店の都合を気にせずお気軽にお電話ください。もし電話に出なかったらは忙しい時ですので時間をおいてお電話くださいね0594-22-5291平日8:00-18:00
店休日 日曜日・祝日

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。