三重県桑名市にある畳専門店のサイトです。一般的な畳から神社仏閣の畳まで扱ってい畳の事がからないことも解りやすく説明しているサイトで畳の雑貨などの通信販売も行なっています。

藁床(稲藁製の畳床)

藁床(わらどこ)

稲藁を素材にした畳床のことでは、稲藁を約40cm位になるまで積み重ね、それを約5cmになるまで圧縮し縫い上げた物が稲藁製の畳の芯材の藁床(わらどこ)です。

藁床は単に約40cmまで重ねるだけでなく、縦や横に置いたり細かく切った稲藁を入れたりして5~6層に仕上げていきます。20年以上前ぐらいに建てられた家には藁床はよく使われていますが今の新築などにはあまり使われていませんね理由は建材床に比べてコストが高かったり藁床を作る業者さん自体が少なくなるなど色々な原因があります

藁床メリット

  • 稲藁が呼吸をするので、建材床に比べ吸放湿性に優れています
  • 稲藁と藺草は呼吸をするので畳表と畳床の吸放湿効果が期待でき、お部屋の湿度調整に優れています
  • 稲藁と稲藁の間に空気があるので断熱効果があります。
    もちろん建材床も断熱効果はありますが、芯材の発泡スチロール系のスチレンフォームが断熱効果をもたらします。が天然素材の断熱効果があるので自然素材ならではのぬくもりがあります。
  • 建材床に比べて踏み心地が柔らかく気持ちいい
    建材床に使われているインシュレーションボードは硬い素材ですが稲藁を原料としているので適度な柔らかさの踏み心地が気持ちいいですね
  • 建材床に比べて耐久力や復元力が高い
    建材床に使われているインシュレーションボードやスチレンフォームは針などで穴が開いてしまうと塞がることがありません。畳を作るときには必ず針と糸を使いますなので何度も同じようなところに針を刺すとその点藁は多少復元するので、表替えを何度しても穴だらけで床が使えなくなる事はほとんどありません。

昔の家にとって藁床でできた畳は無くてはならないものでした。

昔の家は風通しのいい造りになっています。
日本は高温多湿の気候なので昔の家は風通しの良い構造になっています
逆に冬になると冷たい空気の出入りがあり寒くなりますね、
藁床でで来た畳の部屋は床下からの冷たい空気を遮断して暖かいので、冬場の家には無くてはならないものです。
しかし、今の家は、サッシなどで高気密住宅になり、部屋の中の空気が密閉され風通しの悪い構造になっています
その事によって稲藁で出来た畳は以前では考えられなかった弊害を産む事になってしまいました。

藁床デメリット

今の住宅は気密性が高くなり昔の家に比べ空気の循環が少なくなりました。
空気の循環が悪くなると当然湿気がこもりがちになります。畳の性能の1つとして『室内が湿気多いときは吸湿し、少ない時は放湿』という特徴があります。
気密性が高く湿度が高い状態が続くと畳の保湿量が多くなり畳にカビが生えやすくなります。もちろんどんな畳床でもこのような事になりますが稲藁は天然素材であり、稲藁自体が湿気を吸収します。建材床よりかは遥かに性能の良い吸放湿効果なのですが、この本来ならこのメリットな部分が度を過ぎるとデメリットになってしまいます。
また、藁と藁の隙間にダニなどが居住しやすい条件にもなっています

伊藤たたみ店では

  1. 畳を敷くお部屋にもよりますが基本的に藁床をお勧めしています
    対応年数が長く修復可能な場合が多いからです。
  2. 稲藁製の畳を作る場合は藁床と畳表の間にホウ酸の成分を含ませた防虫シート(マイトスタット)を標準で入れています。畳表の張り替えなどで畳を分解した時に畳床と畳表の間に防虫シートを入れることもできます(1畳1,200円+税)
  3. ダニなどが畳に異常繁殖した場合その畳を畳乾燥機に入れてダニやその卵等をほぼ全滅させる事も出来ます(1畳2,000円+税)

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0594-22-5291 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 畳専門店の伊藤たたみ店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.