畳床の種類

畳床の種類 【畳の心材の種類】

畳床とは・・・

畳の心材となる部材。ワラやポリスチレンフォーム、タタミボードなどで構成される。

乾燥させた稲藁を約30cm積み重ねそれを強く圧縮して縫い止め、厚さ5cm程度の板状に加工するのが最も伝統的な製法であり、藁床(わらとこ)と呼ばれる。
があるものの踏み心地や通気性では藁床に及ばないと言われているが、安価で軽く、階下への防音性能に優れる

藁床(稲藁製の畳床)

藁床乾燥させた稲藁を約40cm積み重ねそれを強く圧縮して縫い止め、厚さ5cm程度の板状に加工するのが最も伝統的な心材です
稲を秋に収穫し残った茎の稲を副産物として有効に活用したもので、適度な弾力性、高い保温性、室内の調湿作用や空気浄化作用など高い機能をもつ 詳細

建材床

建材床

木材のチップを圧縮成形した。インシュレーションボードや発泡スチロールを積層させた心材